Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

いけ花

生け花体験

6月19日、久しぶりの生け花体験会。日本人3人、中国人2人が集まりました。
ワタクシ、まともに花を生けるのは初めてでありました。

先ずは先生のお手本を見ながら説明を聞き、その後各自奮闘。
先生のチェックを受け、また奮闘…

の結果、このような作品が仕上がりました。

image山田.jpg

imageもえ.jpg

image.jpg

大いに手直しをされ、もはや自分の作品ではなくなった人もいれば、ほとんど直されなかった人もいて…センスの違いが出ちゃったかな〜?

こういう芸術にふれるのも、たまには良いですね。

おの
  • 2016.06.30 Thursday
  • 10:25

いけ花

いけ花展覧会に行ってみよう

 5月30日(土) 生け花の展覧会に行きました。

なかなか日本にいても、生け花を見ることはありませんよね
たくさんの人に見てほしいと私が出展している展覧会に皆さんを誘いました。

この日集まったのは、日本人3名、中国人1名。
次の日は茶話会でしたので、終了後日本人1名、中国人2名を誘って見学しました。
記念写真を撮り忘れたので、会場の写真でごめんなさい




手前味噌ですが、うちの流派は古典から現代花、英国のフラワーアレンジメントまで多種にわたって学んでいますので、十分に楽しんでいただけたと思います。
みんなにどれが好きか聞いたところ、「やっぱり古典がいいですねえ、落ち着きます」との言葉でうれしくなりました。

 これは私の作品です

 現代花です


  自然花
  これも現代花



 フラワーアレンジメントです

 自分で活けてみたいという声もありましたので、体験教室をやってみましょうね
 そのときは参加してください


 しょうじ


  • 2015.06.02 Tuesday
  • 02:11

いけ花

花を生けよう、華道体験

みなさん、春節(中国の旧正月、2月1日〜2月15日)はどう過ごされましたか? 一般の日本人にとっては、特別でもなんでもない普通の日ですが、 中国人や、中国に興味のある私たちにとっては存在感のある日ですよね。 友達や家族で集まって餃子を作って食べた、中国に帰って家族と団欒の時をすごした、中国中央テレビ局の大晦日特集を見た、派手に爆竹を轟かせた など、各種各様の過ごし方があったと思います。 ちなみに私は中国に遊びに行きました。 現地の友達にでも会おうか、と思っていたら、その友達は春節で実家に帰っていて会えませんでしたね(笑) さてそんな、春節期間が終わった2月16日、日中交流の会恒例行事である生け花サークルが開催されました。 花サークル 003.JPG 参加者は6名程度いましたが、私は唯一の男性として参加しました。 目の前にも花、両手にも花、という大変恵まれた環境の中、散漫する意識を目の前の花だけに集中し花を生ける、難しい(笑) 生け花は、「花を生かす」と書きます。 花を生かす、とはどういうことかというと、 角度、尺、異なる花どうしの組み合わせなどで、花の長所(美しさ)を縦横無尽に引き出すことだと思います。 ただ花を飾るのではなく、花の長所を見抜き、引き出す。 これが「生け花」なのだと思います。 人は(私も含め)ともすれば物事の欠点ばかりに目を向けてしまったり、他人のあら捜しに終始してしまうことがよくあります。 しかし、そのような姿勢だと花を生かすことはできません。 生け花は、長所に目を向けるという、とても大切な姿勢を教えてくれます。 でも、僕にとってはとても難しいことです(笑) さて、今回のみなさんの出来はどうだったでしょうか。 花サークル 007.JPG 花サークル 001.JPG 生け終わったら撮影会です。 花サークル 005.JPG
  • 2014.02.19 Wednesday
  • 19:11

いけ花

秋季の生け花サークル

 紅葉はまだ秋風に舞い上がっていますが、雪の予報はすでに出て来ました。札幌はついに長い冬季期間に入りつつあり、間も無く白い衣装に着替えるでしょう。

 こんなタイミングに生花サークルの秋の活動は行われました。今回は珍しく子供と男性の参加者がいました。いーちゃんとふーちゃん姉妹は初めて生花に挑戦しますが、真剣さは大人に全然負けません。
13.11.3 001.JPG

秋の季節感を表現するため、紅葉に似ている植物を使いました。初心者の皆さんは障子先生から生花の基本ルールを教わってから、だんだんそれぞれ自分の世界に入って行きました。私は初心者ではありませんが、初めて「新生花」という生け方に挑戦して見ました。「新生花」というのは古典的な形を今風に表現する生け方だそうです。「基本ルールが守られれば、形に拘らないよ」と、障子先生はいつも軽く深い言葉を口にしますね。それほど自由、洗練的になれるのはたくさんの苦労を経験した後でしょう。

 最終的にみんなの作品は写真の通りできました。ちょっと自画自賛になりますが、素敵だと思います。
                            モエの作品
13.11.3 002.JPGいーちゃんの作品
13.11.3 004.JPGふーちゃんの作品
13.11.3 003.JPG小林くんの作品
 次回生花サークルの時、冬季を表現する形になります。楽しみにしております。
                       もえ
  • 2013.11.10 Sunday
  • 21:04

いけ花

夏(?)の生花サークル

 北の大地が新緑に染められたばかりで、季節はすでに加速し、夏へ向かいます。 ずっと寒さを我慢して来た花達もついに蕾を開き、最も美しい姿を見せてくれています。素敵な花を楽しんでいるうちに、思わず生けて見たくなりました。ちょうどいいタイミングに生花サークルの今年二回目活動が行われました。

 6月2日、6名の参加者は障子先生の御宅に集まり、そのうち、未経験者3名、経験者3名(1名は何十年前の経験者)でした。いつもより参加者が多かったです。今回、それぞれ違った種類の植物を使いましたので、かなり難度が高かったです。自分も生花を習って以来、一番難しい形の植物を選んでしまいました。苦戦の末に、このような作品ができました。

変わった形で変わらないルールを表現するのは生花の最も難しいところであり、最もおもしろいところでもあるでしょう。
 ミキちゃん作

 寺田さん作

 寺田さんの話しによりますと、当時花嫁就業の一つとして、生花を習っていた日本の若い女性はかなり多かったということです。やはり時代はずいぶん変わりましたね。

 今回、初心者たちもなかなか良い作品ができました。
 黄さん作

 黄さんママ作

次回の生花サークルを楽しみにしております。

                                                                                                                    もえ


  • 2013.06.09 Sunday
  • 08:24

いけ花

華道体験

 2013年4月14日

日本人4名中国人2名でお花を生けました^ - ^

今回は男性の参加者は残念ながらいませんでした(*_*)

参加者は、障子さん、障子さんのお母様、障子さんの友人 赤松さん、

りかちゃん、萌ちゃん、みきです。
130414余萌.jpg

萌ちゃん作



130414李佳.JPG

りかちゃん作

お花は6種類あり、みんなの作品素敵でした(≧∇≦)

障子先生は大忙しで、生徒の出来をチェックしてくれましたよ(^_^)





そして障子さんの誕生日をお祝いしました!!!

おめでとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


  • 2013.04.15 Monday
  • 20:26

いけ花

華道体験

 
2012年11月18日 日曜日

本日、男性1名、女性4名で障子さん宅で生け花の体験をしましたー
初心者は3人。
障子さんに教えていただきながら、お花を生けました。



みんな真剣です。


完成作品

萌ちゃん作

さすが中級者



ゆみさん作

自然な感じで素敵です




土生君作
これまた自然な感じでいいです


みき作

みんなとっても楽しみました。

お花の世界は奥が深いと実感させられました。





  • 2012.11.19 Monday
  • 20:42

いけ花

12月の生け花

  12月11日日曜日に久々生け花サークルが行われました。今年最後のサークル活動となります。
 今回の生徒が5人います。その内、珍しく男性の参加者が1名来ていて、中国内モンゴル出身の王君です。普通、「生け花」(插花)と聞いたら、たいていの中国男性は「それは女性がやることです」と思うでしょう。実は生け花の世界に、男性の先生、家元も少なくありません。花展の時、いつもすばらしい作品を見せてくださるのです。とは言っても、王君の作品はどうなるでしょう?
 今回のテーマは「クリスマス+正月」で、白と赤の枝、カーネーション、ガーベラ、雪冠松を使って「めでたい」という感じを出すのは目標です。初心者3名がいますので、障子先生は丁寧に基本からみんなに生け方を教えてくれました。みなさん黙々と形ばらばらの枝と花を生けていた写真を見れば、その真剣さがわかるでしょう。
11花サークル12月 001.JPG
 1.5時間後、作品がぞくぞく完成しました!先生に見ていただきましょう!早速、「この花が出すぎ、ちょっと自己主張が強いね」というコメントをいただきました。「日本らしい美しさの一つは隠れの美ですよ。一つの作品から季節のメッセージだけではなく、その作者の文化、性格などもいろいろ見えますよ」ということです。「花の道」は奥深いですね。
 初心者3人も先生の指導を受けて、かなりいい作品ができていました。特に王君の作品はなんと「すばらしい!ほぼ直すところがなし」と絶賛されました!
11花サークル12月 012.JPG初回参加者の于さんの作品

11花サークル12月 008.JPG初回参加者の卓さんの作品

11花サークル12月 009.JPG初回参加者の王君の作品

11花サークル12月 006.JPG 村井さんの作品

11花サークル12月 005.JPG 私の作品

 自分の作品を見ながら、クリスマスと正月のめてたい雰囲気を味わいましょう。
 みなさんもぜひ自分なりの作品を生けてみませんか?特に男性の方も先入観を持たずにぜひ体験して見てください!それでは、来年の生け花サークルにまた会いましょう!

                         
                         もえ

  • 2011.12.12 Monday
  • 20:02

いけ花

4月17日 生け花体験

4月17日 生け花体験 身近な物にお花を活けよう!
 
花サークルを中国堂で全体の活動にしてやってみました。
サークルメンバーも欠席があり、ちょっと寂しい活動になりましたが、なんと!新入会のご夫婦も参加してくれました
お花を活ける楽しさを味わってくれたかな
11.4.17生け花体験1

お花を活けるコツを説明しています
生け花体験2
3個のコップを使って、リズム良く活けた亀山さんの作品
生け花体験3
最後はたくさんの作品と全員で記念写真
前列は田近さんと馬海丹さんご夫婦、本日入会で〜す
よろしく

 BY しょうじ
  • 2011.04.17 Sunday
  • 21:28

いけ花

生花サークル 2011年一回目

 余寒なお去らず、ひたすら春を待ちわびる今日この頃です。皆さんは北海道の長い冬を楽しんでいるでしょうか?先月、中国の春節(旧暦正月)が過ぎましたので、気持ち的には何となく春の気分になって来ています。
 今日、私たちの生け花サークルは今年の初回活動を行い、テーマは「春」でした。生け花の重要なポイントの一つは四季の特徴を表現することだということで、今回、先生は桜、菜の花、椿の3種類の花を選んでくださいました。3種類の枝の形がそれぞれかなり違いますので、いつもより難しそうでした。とりあえず、「自分の美的なセンスとバランス感覚に任せるしかないね」と思いながら、生け始めてまもなく、室温が暖かいため、つぼみだった桜が目の前でだんだん咲き始め、今年最初の花見ができました。感動。。。
 色、形、高さが違う花、枝及び花器を一体にして美しく見せるにはかなり苦労しましたが、先生のご指導の下に、ついに自己満足できる作品が出来上がりました。しかし、作品を見た方々も一緒に「春」を感じていただけなければ、良い作品だと言えないかもしれませんね。これからもっとセンスを磨いて美を追求して行きましょう。
 ちなみに、良いお知らせがあります。具体的な日にちがまだ決まっていませんが、4月中に中国堂でプチ生花体験活動が行われる予定です。身近にあるグラスを利用した簡単なアレンジですので、家でも気軽に自分なりに綺麗な作品を作られますよ!詳細について、4月のはがきをご確認ください。一緒に花を生けましょう!
かめちゃんの作品 かめちゃんの作品
続きを読む >>
  • 2011.03.06 Sunday
  • 21:09

1